お墓参りのタブーとはどのようなものなのか

お墓参りのタブーとは?

お墓に故人が好きだった酒やジュースをかけて良いのか?

今回は、お墓参りの意外に知られていないタブーを紹介していきます。

お墓参り

お酒やジュースをお墓にかけるのは、絶対にしないで下さい。

このお酒やジュースには糖類を含んでおり、虫が寄ってきたりします。

また、墓石には無数の穴があり、ここから成分を吸い込むため、石材が変色したりサビの原因となります。

墓石周辺の植栽にも悪影響を与えるので控えるのが好ましいでしょう。

どうしてもお供えをしたいのであれば、湯飲みやおちょこに注いでお供えして下さい。

缶のままお供えしても良いですが、缶の金属がサビてしまい墓石に侵食するので、お墓参りが終わりましたら持ち帰るようにして下さい。

宗教上お酒やジュースをかけるのは致し方ありませんが、お墓参りが終わりましたら大量の水で洗い流して下さい。

お供え物を置いて帰って良いのか?

供え物

昔ですと里山にお墓があって、お供え物は動物や虫に対する施しとなっていました。

現在では霊園も綺麗に手入れがされています。

供え物を置いて帰った場合に、カラスや立地によってはイノシシやシカが、その供え物を狙ってお墓を荒らすケースがあります。

また、供え物自体が腐ってしまい墓石を傷める事もあります。

お供え物は持って帰るか、意外と思われるかもしれませんが、その場で食べてしまっても良いです。

ロウソクの火を息で消す?

ロウソクや線香の火を息で消すのは、タブーとされています。

諸説ありますが、ロウソクや線香の炎は仏様にお供えするものです。

人間の息はけがれたものとされており、仏様のお供え物けがすことになるので、炎は手で仰ぐなどして消して下さい。

墓石の汚れをスチールたわしで?

墓石の掃除

墓石の強度が高いといっても、なべの焦げを落とすスチールたわしや紙やすりは絶対に避けて下さい。

食器洗い用のたわしやスポンジを使い、文字部分の汚れを落とす時には、歯ブラシを使うと良いでしょう。

ご先祖様に願い事をして良いのか?

供養

「受験に合格しますように」などと願うのではなく、「受験勉強を頑張っています」と報告をご先祖様にし「お見守り下さい」とお参りするのが良いでしょう。

願いごとを叶えるのが仏教の目的ではありません。

トゲや香りの強いお花を供える?

トゲのある花や香りの強い花については、もし故人がトゲのある花が好きだった場合は供えても差し支えないでしょう。

ただ、花粉が多い花の場合はその花粉が墓石に落ちてしまうと、アルコールや糖分がついた時と同じで、変色してしまう可能性があります。

どうしても、供えたい場合には、供える前に花粉のついたおしべをぬぐったり、花をたたいたりして花粉を落としてから供えると良いでしょう。

新着記事

散骨

散骨とは?散骨とは、遺体を火葬して遺骨を砕いて、粉末状態のものを海や山・宇宙などに撒く埋葬方法です。

日本では、「墓地、埋葬に関する法律(墓地埋葬法)」という法律で、市区町村が許可した墓地以外に遺骨は埋葬出来ない決まりになっています。

墓石

墓石に使う材質とは?墓石に使用する石材で、一番よく使われているのが「御影石(みかげいし)」です。

御影石は、日本産のものは極わずかで、ほとんどが外国産です。また御影石は、石の硬さや吸水性等で分類されており、数百種類にもなります。

お地蔵様

お地蔵様とは?お墓にお地蔵様があるのは、ほとんどが水子供養のために建てられたものです。

この水子供養とは、この世に生を受けることができず、流産などでかなわくなくなった胎児の冥福を祈ることを指しています。

墓花

お墓にお花を供えるのはなぜ?お墓に供えるお花の香りというのは、亡くなった人の食べ物と言われたりします。

また、違った説では、お釈迦様が修行をしていた時に、燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様に会ったのですが、仏様の供養に差し出す物がなくて、近くに居た花売りの女性から五茎の...

お彼岸

お彼岸の意味とは?三途の川をはさんで、煩悩の激流ないし海の此岸、すなわち我々が住んでいる世界から、修行によってそれを渡り切った向こう岸、つまり仏様の世界を彼岸と言います。

わが国では、3月の春分と9月の秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間で計7日間行われる法会(ほうえ)の事を彼岸会と言います。

卒塔婆

卒塔婆とは?故人の供養のために細長い板で、お墓の傍らに立てるものです。

この卒塔婆の起源は、古代インドの「仏舎利塔」を意味するサンスクリット語のストゥーパで、仏陀を祀るために建てられたのが起源とされています。

お墓の墓じまい

お墓の墓じまいとは?墓じまいとは、お墓を撤去して更地にし、お寺や墓地の管理者に敷地を返す事を言います。

ここ最近では、ご家庭の少子化によってお墓を守っていく承継者が途絶えるため、無縁墓が増えてきているようです。