精進料理とはどのようなものか

精進料理と言えば?

精進料理とは?

今回は精進料理のはじまりや歴史などを紹介していきます。

精進料理

精進料理とは、和食の代表ですが、仏教の影響を色濃く受けて発展してきた事が大きな特徴です。

仏教の戒律では、「無益な殺生をしてはならない」というものがあり、動物性の食品を使用せず、野菜・穀物などの植物性の食品を使用して調理されます。

これは人間はもちろんですが、動物・虫なども含まれおり、食べるために無益な殺生をしてはならないとされています。

この他にも、「煩悩を刺激してはならない」という事も含まれています。

これは、中毒性が高い食べ物は口にしてはいけないという事で、アルコールやカフェイン・白い砂糖は中毒性が高いとされています。これらも口にしてはならないのです。

よって精進料理とは、無益な殺生をせず、中毒性が高いものが含まれていない料理の事を指します。

精進料理で肉・ネギ科は禁忌(きんき)されている?

ねぎ

仏教の戒律では、「無益な殺生をしてはならない」とされているため、肉はもちろん魚も使われる事はありません。

また、調味料として使う事も禁止されており、かつお節は出汁を取るのも、鰹が原料となるため、使ってはいけないとされています。

ネギ科では、ネギや玉ネギ・にんにく・ニラ・ラッキョウなども、煩悩を刺激する食べ物とされています。

また、ネギ・玉ネギ・にんにく・ニラ・ラッキョウは五葷(ごくん)と呼ばれています。

精進料理を確立したのは?

精進料理を確立したと言われているのは、鎌倉時代の禅宗です。

道元禅師が開いた曹洞宗大本山永平寺では、食事の調理も修行として考えられていたため、調理の工夫や研究が行われてきました。

さらに、食に対する哲学は茶道にも大きなな影響を与え、精進料理に影響を受けた千利休は懐石料理を考案されました。

道元禅師が著した「典座教訓(てんぞきょうくん)」では、五法(生・煮・焼・揚・蒸)、五色(青・黄・赤・白・黒)、五味(鹹・苦・酸・辛・甘)を組み合わせ、旬の食材を余す事なく使って調理するなど、細かく定められています。

行鉢(ぎょうはつ) 行鉢とは正式な作法で、食事を頂く事で、永平寺の修行僧の食事は精進料理で、食事も大切な修行となっています

永平寺のふだんの食事の例

小食(しょうじき):朝食の事で、お粥・ごま塩・漬物となっています。

中食(ちゅうじき):昼食の事で、麦飯・味噌汁・漬物・おかず1品となっています。

薬石(しょうじき):晩食の事で、麦飯・味噌汁・漬物・ おかず2品となっています。

道元禅師は、食事の前にお唱えごとをします。

原文

一つには 功の多少を計り、彼の来処を量る。(ひとつには、こうのたしょうをはかり かのらいしょうを はかる)

二つには 己が徳行の全欠と忖って供に応ず。(ふたつには、おのれがとくぎょうの ぜんけっとはかって くにおうず)

三つには 心を防ぎ過を離るることは、貪等を宗とす。(みつには、しんをふせぎ とがをはなるることは とんとうをしゅうとす)

四つには 正に良薬を事とするは、形枯を療ぜんが為なり。(よつには、まさにりょうやくをこととするは ぎょうこを りょうぜんがためなり)

五つには 成道の為の故に、今此の食を受く。(いつつには、じょうどうのためのゆえに いまこのじきをうく)

現代語訳

この食事がどのようにして出来たかを考え、自然の恵みと多くの方々苦労に感謝して頂きます。

自分の行いが、尊い生命と労力で出来た食を頂くにふさわしいかどうか、反省し頂きます。

誤まった行いを避けるため、三毒である貪り(むさぼり)、瞋(いかり)、痴さ(おろかさ)の三つの過ちを持たない事を誓い頂きます。

空腹を満たすためでなく、食は良き薬であり、身体を養い、健康を得るために頂きます。

仏の道を成し遂げるために、この食事を有り難く頂きます。

新着記事

神棚

神棚封じの意味とは?神様に「死」という穢れ(けがれ)が及ばないために行うものです。

これは日本に古くから伝わる神道で、「神様を祀る神棚は尊いものであって、そこに死の穢れがいかないように」という考え方があるためです。

お盆

お盆は、7月や8月の夏に行われる祖先の霊をおもてなしして、供養する仏教行事の事を指します。

昔は太陰暦の7月15日であったが、明治時代に太陽暦が採用されて以降は、新暦の8月15日になりました。

北枕

北枕は縁起が悪い?日本では昔から、「北枕は縁起が悪い」と言われています。

北枕は縁起が悪いとされる理由はいくつかありますが、仏教の開祖のお釈迦様が入滅(亡くなる)する時が北枕だったのが有力な説と言われています。

樒

樒と榊の違いとは?樒(しきみ)はシキミ科に属しており仏事に、榊(さかき)はツバキ科に属しており神事に使われます。

榊は「木」に「神」と書き、神事に使われる木という意味があります。樒は仏前や墓前に供え、榊は神棚に供えます。

数珠

数珠・念珠の違いは?数珠も念珠も、基本的には同じ物を指します。(諸説あり)

数珠は、仏教でお経や念仏を唱える時に、その回数を数えるために数珠の珠で数えるようになったとされています。

喪中

忌中と喪中の違いとは?忌中とは、一般的に言うと逝去してから四十九日までの期間の事を言います。

この忌中の期間は、家にこもって、故人のために祈り、穢(けが)れを祓(はら)い、過ごし方に気を付けなさいとされています。

お布施

お布施とは?お布施とは、「ダーナ」というインドのサンスクリット語の言葉であり、「与える」という意味です。

檀那または旦那と音写されていますが、その意味をとって「布施」と漢訳されています。

だるまさん

だるまと言えば?達磨(だるま)といえば、テレビの選挙映像や家庭内・オフィスなどでも見られます。

小さい子供の頃の遊びで「にらめっこ」の唄や、鬼ごっこの遊びで「だるまさんが転んだ」、玩具の「だるま落とし」等があります。このだるまのモデルは、禅宗の祖師である達磨大師です。

お経

お経とは?お経とは、お釈迦様の教えを最初はお経のように書き記したものでなく、後々お釈迦様の弟子が口伝えしたものをまとめたものを指します。

お経はインドの経典が中国を経由した後、日本に伝わってきました。日本国内におけるお経の種類ですが、8万4000とも言われており、正確な数はわかっておりません。

宗派

宗派を調べるには?故人の住まいにお仏壇があれば、そのお仏壇から宗派を確認する事が出来ます。

お仏壇は、寺院の様式をそのまま小型化にしたもので、宗派ごとに御本尊と両脇の祖師が違うので、ここが宗派を知る手掛かりになります。

坐禅

坐禅とは?坐禅の指導書として、道元(どうげん)には「普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)」・「弁道話(べんどうわ)」、「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」の「坐禅儀(ざぜんぎ)」・「坐禅箴(ざぜんしん)」等があります。

その中の「普勧坐禅儀」では「坐禅は安楽の法門(ほうもん)」と紹介されています。

三仏忌

三仏忌とは?三仏忌とは、成道会・灌仏会・涅槃会を指します。悟りを開く事を成道(じょうどう)と言われ、12月8日は釈尊(釈迦の尊称)がお悟りになられた日であります。

この日を記念して、8日には成道会(じょうどうえ)と言われる法要を営みます。