散骨とはどのようなものなのか

散骨とは?

散骨とはどんなものか?

今回は散骨の仕方や方法などを紹介していきます。

散骨

散骨とは、遺体を火葬して遺骨を砕いて、粉末状態のものを海や山・宇宙などに撒く埋葬方法です。

散骨は違法なのか?

遺骨を墓地でなく、自然の中に埋葬する方法を自然葬と言います。

日本では、「墓地、埋葬に関する法律(墓地埋葬法)」という法律で、市区町村が許可した墓地以外に遺骨は埋葬出来ない決まりになっています。

したがって、自分が持っている土地に、遺骨を埋葬する事は出来ず、許可を得た墓地でない限り埋葬する事は出来ません。

また、樹木葬というものがあり、これについても埋葬可能な場所は市区町村の許可が取られている樹木葬霊園だけに限ります。

自宅の庭に散骨をしその上に木を植えた場合、その木が墓標と判断され墓地だと認定されます。

墓地はすべて市区町村の許可を受けなければならず、この場合だと、無許可の墓地を作った事になり、法律に違反してしまいます。

この墓地埋葬法は、昭和23年に施行されており、この時点では埋葬と火葬の定めはあったが、散骨については定められていないため、違法とは言い切れず、実質グレーゾーンとされています。

また法務省では、非公式であるが平成3年に「節度をもって行われる限り、違法ではない」という見解を出しています。

散骨は自分でも出来るのか?

結論から言うと、散骨は自分で行う事は可能です。

ただし、自分で散骨を行うにはハードルが高すぎるため、業者に依頼するのが無難です。

それでも、自分で散骨を行うには、以下のルールや方法を守る事が必要になってきます。

遺骨は、骨だとわからない位にパウダー状にする事。

遺骨だとわかるような状態で散骨してしまうと死体遺棄罪に問われる可能性があります。

散骨業者の自主規制ではあるが、遺骨を粉末状にする際、直径2mm以下となっているので、それをめどに粉末すると良いでしょう。

自治体の条例で、散骨が禁止されていないかを確認する必要があります。

また、墓地埋葬法では定められていないですが、以下の場所で散骨するのは避けたほうが無難です。

・農地や水源、湖、沼など

・漁場、養殖場、海水浴場、防波堤など

・公園、住宅地

・観光地、観光地ルート

また、場所ではないのですが、散骨する際の服装として喪服を避けるなどの配慮が必要です。

自宅の敷地内で、指導に反していない場所で散骨を行った時に、近隣の住民に散骨を撒いた事が分かってしまうと、トラブルの元になるので注意する必要があります。

本人の遺志に沿って散骨するにしても、残された遺族にはお参りする場所がないため、自分を散骨してほしいと家族に伝えた時に、反対される場合が多いです。

以前に亡くなった人を散骨し、その後家族の墓を作ることになって、そこに散骨した亡くなった人を一緒に葬り直したいと言っても、すでに遺骨は土に還ってしまっているので不可能です。

遺族が散骨を行った場合に、散骨した場所を特定出来ず、遺族が眠っている場所に葬ってほしいと思っても、散骨の場合は不可能です。

遺骨

新着記事

墓石

墓石に使う材質とは?墓石に使用する石材で、一番よく使われているのが「御影石(みかげいし)」です。

御影石は、日本産のものは極わずかで、ほとんどが外国産です。また御影石は、石の硬さや吸水性等で分類されており、数百種類にもなります。

お地蔵様

お地蔵様とは?お墓にお地蔵様があるのは、ほとんどが水子供養のために建てられたものです。

この水子供養とは、この世に生を受けることができず、流産などでかなわくなくなった胎児の冥福を祈ることを指しています。

墓花

お墓にお花を供えるのはなぜ?お墓に供えるお花の香りというのは、亡くなった人の食べ物と言われたりします。

また、違った説では、お釈迦様が修行をしていた時に、燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様に会ったのですが、仏様の供養に差し出す物がなくて、近くに居た花売りの女性から五茎の...

お彼岸

お彼岸の意味とは?三途の川をはさんで、煩悩の激流ないし海の此岸、すなわち我々が住んでいる世界から、修行によってそれを渡り切った向こう岸、つまり仏様の世界を彼岸と言います。

わが国では、3月の春分と9月の秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間で計7日間行われる法会(ほうえ)の事を彼岸会と言います。

卒塔婆

卒塔婆とは?故人の供養のために細長い板で、お墓の傍らに立てるものです。

この卒塔婆の起源は、古代インドの「仏舎利塔」を意味するサンスクリット語のストゥーパで、仏陀を祀るために建てられたのが起源とされています。

お墓参りのタブー

お墓参りのタブーとは?お酒やジュースをお墓にかけるのは、絶対にしないで下さい。このお酒やジュースには糖類を含んでおり、虫が寄ってきたりします。

また、墓石には無数の穴があり、ここから成分を吸い込むため、石材が変色したりサビの原因となります。

お墓の墓じまい

お墓の墓じまいとは?墓じまいとは、お墓を撤去して更地にし、お寺や墓地の管理者に敷地を返す事を言います。

ここ最近では、ご家庭の少子化によってお墓を守っていく承継者が途絶えるため、無縁墓が増えてきているようです。