三仏忌とはどのようなものなのか

三仏忌とは?

三仏忌とは?

今回は三仏忌について紹介していきます。

三仏忌

三仏忌とは、成道会・灌仏会・涅槃会を指します。

悟りを開く事を成道(じょうどう)と言われ、12月8日は釈尊(釈迦の尊称)がお悟りになられた日であります。

この日を記念して、8日には成道会(じょうどうえ)と言われる法要を営みます。

また、釈尊の誕生日(4月8日)には灌仏会(かんぶつえ)を営み、お亡くなりになられた日(2月15日)には涅槃会(ねはんえ)を営みます。

これらの日を「三仏忌(さんぶつき)」と呼ばれ、特に大切な日としています。

成道会とは?

釈尊が悟られた時の様子は「降魔成道(ごうまじょうどう)」という逸話として残っています。

「降魔」とは「魔物を降(くだ)す」という意味です。

釈尊は29歳で出家して、6年間自分自身を徹底的に追い込む苦行に専念されたが、このままでは身を滅ぼしてしまうと考え、苦行に見切りをつけられたのです。

その後、「尼連禅河(にれんぜんが)」(ガンジス川の一支流)の水で身を清めて、スジャータという女性から乳粥の供養を受けて体力を取り戻します。

それから、悟りの場を求めて歩き続け、ついに尼連禅河の畔(ほとり)にある菩提樹(ぼだいじゅ)の下に坐禅をされました。

ところが、菩提樹の下で瞑想する釈尊には様々な魔物が襲いかかってきたと言われています。

魔物は、釈尊を悟りの座から追い払おうとし美女を遣わし、誘惑させたりしました。

また、大雨を降らせたり、風を巻き起こしたり、灼熱の灰を降らせたり、暗闇を引き起こしたり、熱い炭火を投げつけたりなど様々な手を使い、攻撃を繰り返してきました。

しかし、釈尊はそれらを悉(ことごと)く降して成道されました。

このときに釈尊は35歳で、日本では12月8日であったとされており、ついには悟りを開かれて『仏陀』となられたのです。

釈尊が仏陀となられたことに因みブッタ・ガヤと呼ばれるようになったそうです。

この12月8日を「成道会」と呼んでおり法要が営まれています。

灌仏会とは?

灌仏会

灌仏会とは、釈尊の誕生を祝う行事で、日本では原則として毎年4月8日に行われ、花まつりと呼ばれ降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)などの別名があります。

釈尊の生没年は、紀元前566年頃~紀元前486年頃(諸説あり)と言われており、80年のご生涯です。

インドにラージャグリハ(王舎城・おうしゃじょう)を中心としたマガダ国とシュラーヴァスティ(舎衛城・しゃえじょう)を中心としたコーサラ国がありました。

この2つの国にはさまれたヒマラヤ山脈の麓に、カピラヴァストゥを都としていたシャーキャ族(釈迦族)と呼ばれる小さな部族の生まれです。

釈尊は、この国の王子である浄飯王(じょうぼんのう)と王妃である摩耶夫人(まやふじん)との間に、3000年ほど前の4月8日ゴータマ・シッダルタ王子として生まれたのです。

この「釈迦族」という族姓から、「釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)」と呼ばれるようになりました。

釈尊は、摩耶夫人の実家のコーリヤ国の「ルンビニー花園」で、お生まれになってすぐに7歩東に歩み、右手を上に左手を下にして、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と誕生偈(たんじょうげ)と呼ばれている詞をおっしゃいました。

この言葉の意味は「天の上にも天の下にも、私ひとりこそが尊い」と同時に、人間は生まれや育ちに関係なく、みな平等に尊い存在だという事も意味しています。

王子の名前のシッダールタ(悉達多・しっだるた)は“願いが満たされた者”という意味です。

また、釈尊をシャーキャ・ムニ(釈迦牟尼世尊)と呼ばれていますが、“釈迦族出身の尊者”という意味で、釈尊(しゃくそん)とも呼ばれています。

他に、“真理を悟った人”という意味で仏陀(ブッダ)という呼び方も一般的にもよく知られています。

母である摩耶夫人が、釈尊の誕生の7日目に亡くなってしまいます。

その後、釈尊は母の摩耶夫人の妹に養育される事になりました。

また、釈尊が生まれた時に、九頭の龍が天から現れ、甘露(かんろ)の雨と沢山の花が降り注いだと伝えられています。

参拝者はこの時のお姿を形どった像(誕生仏)に甘茶(あまちゃ)をかけて、釈尊の誕生日を祝います。

灌仏会の「灌」とは水を注ぐという意味です。

涅槃会とは?

涅槃会は、釈尊が80歳で入滅(にゅうめつ)された2月15日に営まれる追悼の法要です。

入滅された日は、南伝仏教ではインド歴の2番目の月がヴァイシャーカ月の満月の日とされている事から、基本的に2月15日とされています。(没年は383年、483年、544年等の説があります。)

ヒマラヌヤヴァティー河の岸辺にある沙羅樹(さらじゅ)の林の中で、四方を2本の沙羅樹で囲まれた間に、頭を北にし西を向き、右脇を下にし、右腕を枕にし、足を重ねた形でお亡くなりになりました。

この法要では、入滅された時の様子を描いた涅槃図を本尊として掲げ、釈尊の最後の教えを伝える遺教経(ゆいきょうぎょう)をあげ釈尊を偲びます。

この涅槃図には、中心に横たわっている釈尊が、周囲には弟子たちをはじめ、天界の神々、菩薩、動物や昆虫までもが集まっており釈尊の死を悼んでいる様子が、詳細に描かれています。

釈尊の入滅は、灯が静かに燃え尽きて消えていくようだったと伝えられています。

このことを、サンスクリット語で「ニルバーナ」と言い、「涅槃」と訳されています。

涅槃会

新着記事

神棚

神棚封じの意味とは?神様に「死」という穢れ(けがれ)が及ばないために行うものです。

これは日本に古くから伝わる神道で、「神様を祀る神棚は尊いものであって、そこに死の穢れがいかないように」という考え方があるためです。

お盆

お盆は、7月や8月の夏に行われる祖先の霊をおもてなしして、供養する仏教行事の事を指します。

昔は太陰暦の7月15日であったが、明治時代に太陽暦が採用されて以降は、新暦の8月15日になりました。

北枕

北枕は縁起が悪い?日本では昔から、「北枕は縁起が悪い」と言われています。

北枕は縁起が悪いとされる理由はいくつかありますが、仏教の開祖のお釈迦様が入滅(亡くなる)する時が北枕だったのが有力な説と言われています。

樒

樒と榊の違いとは?樒(しきみ)はシキミ科に属しており仏事に、榊(さかき)はツバキ科に属しており神事に使われます。

榊は「木」に「神」と書き、神事に使われる木という意味があります。樒は仏前や墓前に供え、榊は神棚に供えます。

精進料理

精進料理とは?和食の代表ですが、仏教の影響を色濃く受けて発展してきた事が大きな特徴です。

仏教の戒律では、「無益な殺生をしてはならない」というものがあり、動物性の食品を使用せず、野菜・穀物などの植物性の食品を使用して調理されます。

数珠

数珠・念珠の違いは?数珠も念珠も、基本的には同じ物を指します。(諸説あり)

数珠は、仏教でお経や念仏を唱える時に、その回数を数えるために数珠の珠で数えるようになったとされています。

喪中

忌中と喪中の違いとは?忌中とは、一般的に言うと逝去してから四十九日までの期間の事を言います。

この忌中の期間は、家にこもって、故人のために祈り、穢(けが)れを祓(はら)い、過ごし方に気を付けなさいとされています。

お布施

お布施とは?お布施とは、「ダーナ」というインドのサンスクリット語の言葉であり、「与える」という意味です。

檀那または旦那と音写されていますが、その意味をとって「布施」と漢訳されています。

だるまさん

だるまと言えば?達磨(だるま)といえば、テレビの選挙映像や家庭内・オフィスなどでも見られます。

小さい子供の頃の遊びで「にらめっこ」の唄や、鬼ごっこの遊びで「だるまさんが転んだ」、玩具の「だるま落とし」等があります。このだるまのモデルは、禅宗の祖師である達磨大師です。

お経

お経とは?お経とは、お釈迦様の教えを最初はお経のように書き記したものでなく、後々お釈迦様の弟子が口伝えしたものをまとめたものを指します。

お経はインドの経典が中国を経由した後、日本に伝わってきました。日本国内におけるお経の種類ですが、8万4000とも言われており、正確な数はわかっておりません。

宗派

宗派を調べるには?故人の住まいにお仏壇があれば、そのお仏壇から宗派を確認する事が出来ます。

お仏壇は、寺院の様式をそのまま小型化にしたもので、宗派ごとに御本尊と両脇の祖師が違うので、ここが宗派を知る手掛かりになります。

坐禅

坐禅とは?坐禅の指導書として、道元(どうげん)には「普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)」・「弁道話(べんどうわ)」、「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」の「坐禅儀(ざぜんぎ)」・「坐禅箴(ざぜんしん)」等があります。

その中の「普勧坐禅儀」では「坐禅は安楽の法門(ほうもん)」と紹介されています。