お仏壇のお供えの基本はどのようなものなのか

お仏壇のお供えの基本は?

お仏壇のお供えとは?

お仏壇にお供え物の選び方や供え方を紹介していきます。

お供え物

お仏壇のお供え物には、五供(ごくう)と呼ばれる、5種類のものがあります。

この五供とは、香・花・灯燭(とうしょく)・浄水・飲食(おんじき)を指しており、いずれも毎日欠かす事ができない大切な物となっております。

これらには、役割・お供えする物・お供えするタイミングがあります。

それぞれについて解説していきます。

お香とは?

お線香

お供えする物:お香またはお線香

役割:「香りや煙が心身を浄化する役割」、「お香の香りが、すべてのものに平等に接するという仏様の慈悲の心を表している」、「仏様は、香りを召し上がる」とも言われています。

お供えするタイミング:朝で、水・お仏飯などのお供え物をして最後にお線香をお供えします。お線香をあげたら、おりんを鳴らしお参りします。

下げるタイミング:下げる必要はなく、燃え尽きるまでそのままにしておきます。

宗派別のお線香と焼香の仕方
           
宗派 線香のあげ方 焼香の仕方
浄土宗 線香は1本を2つに折り供える 焼香は3回
天台宗 線香は3本を立てて供える 焼香は3回
真言宗 線香は3本を立てて供える 焼香は3回
曹洞宗 線香は1本を立てて供える 焼香は2回、2回目はそのまま軽く香炉にのせる
日蓮宗 線香は1本を立てて供える 焼香は1回
臨済宗 線香は1本を立てて供える 焼香は1回
浄土真宗本願寺派 線香は1本を2つに折り、寝かせて供える 焼香は1回
浄土真宗大谷派 線香は1本を2つに折り、寝かせて供える 焼香は2回


お花とは?

お仏壇のお花

お仏壇の両脇に1対の花立てを置いて、お花の正面を拝む人へ向け、お花をお供えします。

これは、拝む人とお花で飾られた仏様が向き合う事で、心が落ち着くという意味があるそうです。

また、毒やとげのあるもの、匂いが強いものもお供えとしてはふさわしくないです。

お供えする物:生花もしくは造花

役割:心を清らかにして、ご先祖様に楽しんで頂く役割があります。

お供えするタイミング:朝のお供えの時にお花またはお水を差し替えます。

下げるタイミング:お花が枯れたりして、差し替える時が下げるタイミングとなります。

灯燭(とうしょく)とは?

灯燭

お仏壇にお供えする、ロウソクの明かりを灯明(とうみょう)と呼びます。

これは、お仏壇を照らすだけでなく世の中全てを照らす光で、この灯明に従う事で、人の心の闇や煩悩を照らし全てを取り除くと言われています。

また、供養する人の心を引き締めて、仏様の教えを守ろうとする気持ちを助ける働きがあるとも言われています。

お盆に灯すロウソクの火は、故人の霊があの世とこの世で迷子にならないという意味があります。

ロウソクやお線香の火を消す時は、どちらかの手で仰ぐか軽く振って消します。

これは、人間の息はけがれが溜まりやすく不浄のため、仏様やお供え物に息を吹きかけるのは失礼とされてます。

お供えする物:ロウソク

役割:供養をして、私達の迷いをなくして、心を安息にします。

お供えするタイミング:朝、お水や仏飯(ぶっぱん)の後にロウソクに火を灯します。

下げるタイミング:お勤めが終わったら火を消します。

浄水とは?

浄水

お水やお茶をお供えする事を仏教では「浄水」と言われており、仏様の清らかな心に人々も洗われたいと願いを込めてお供えするものと言われています。

死者は喉が渇くとされており、お水はお供え物の中でも特に欠かせないものとされてきたそうです。

本来は自然水が理想的ですが、現代では水道水で一番水、お茶で一番茶をお供えするのが一般的になっています。

なお、浄土真宗では、八功徳水(はっくどくすい)と言われる8つの功徳を備えた水があるので、浄水はお供えしないと言われています。

お供えする物:水またはお茶

役割:心を洗う役割があります。

お供えするタイミング:お仏壇に向かう時に差し替えます。

下げるタイミング:浄水を入れ替える時に差し替えます。

飲食(おんじき)とは?

飲食

仏前に供えるご飯の事を、仏飯または香飯と呼びます。

朝と夕方に、炊きたてのご飯を自分たちが食べる前にお仏壇にお供えします。

同じものを頂く事で、仏様やご先祖様とのつながることができると言われています。

また、下げた飲食(おんじき)はすべて頂くのが良いとされています。

お供えする物:炊きたてのご飯の一膳目

役割:同じ食べ物を頂く事で、仏様やご先祖様と繋がることができると言われています。

お供えするタイミング:朝夕ご飯を頂く前や頂き物をした場合に差し替えます。

下げるタイミング:朝夕共にご飯が固くなる前に下げます。

新着記事

木魚

木魚とは?1つの丸太から中をくり抜き空洞にして、細長い口を横に開け、表面には龍や魚を彫刻したものを言います。

これを、木魚専用の丸布団の上に置いてバチで叩いて鳴らして、法要などの読経でリズムを整えたり、眠気をさましたりします。

おりん

おりんの種類は?お仏壇のおりんには、おりんを置く布団や台、おりんを鳴らすりん棒をセットで購入するのが一般的です。

たとえば、浄土真宗大谷派なら四角形のおりん台で、浄土真宗本願寺派なら六角形か丸いおりん台を使います。

仏花

仏花とは?お供えするお花の呼び方には、沢山の呼び方があります。

仏花・墓花(はかばな)・供花(くげ・きょうか)・献花(けんか)・枕花(まくらばな)などがあります。

お線香

どうしてお仏壇でお線香をあげるのか?お仏壇は家の中のお寺と言われており、ご本尊、仏様を祀るところです。

この仏様へのお供えとして、基本的にお花、灯り、そして香の三つがあります。したがって、三具足と呼ばれる鋳物の仏具は、花立て、灯立て、香炉の三つが基本になります。

焼香

焼香とは?焼香とは、葬儀・告別式・法要などで、亡くなった方を供養するためにお香を焚く儀礼を言います。

仏教発祥のインドでは、気候が高温になり体臭などの悪臭が起こりやすく、また香木を多く生産しており、そのため悪臭を消すのに香料を焚いたり、身体や衣服につけたり古くからの風習で...

掛け軸

掛け軸の語源とは?「掛け軸」の言葉の語源は、「掛けて拝む」という意味が込められており、古来の中国・宋で礼拝用として使用されていました。

日本には飛鳥時代に中国から伝来しましたが、後々礼拝用だけではなく、今日では浮世絵・花鳥画・山水画などに代表される様々な芸術に発展しています。

お仏壇の歴史

お仏壇の歴史とは?日本の仏教は、中国から渡来してきて、天武天皇によって「諸国の家毎に仏舎を作って、仏像と経を置きて礼拝せよ」との詔令があって、各家にお仏壇を置くようになっていった。

日本最古のお仏壇は、「玉虫厨子(たまむしのずし)」と呼ばれるお仏壇で、法隆寺にて保管されていて、現在では国宝とされています。

お仏壇のお手入れ

お仏壇のお手入れとは?「一に掃除、二に勤行(ごんぎょう)」と言われている禅宗では、掃除をする時でも、自分を清らかにするつもりでと教えています。

心の垢や塵や埃などを掃除する気持ちを持って、その掃除に打ち込むものです。

戒名

戒名とは?戒名とは、仏の弟子になったという事を表す名前です。

戒名を持ったという事で仏門に入ったということを証明することができ、仏教の戒律を守る証ともされています。宗派によっては「戒名」でなく「法名」「法号」という呼び方があり、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」という言い方...

位牌

位牌とは?位牌の起源には諸説あって、儒教・禅宗・日本古来の神道由来説などがあります。

儒教の由来説では、死者の遺体を埋葬後、桑の木等で作られた依代(よりしろ)にその魂を寄りつかせるとされています。その依代を木主(もくしゅ)と呼ばれることもあります。

御本尊

御本尊とは?御本尊とは、信仰の中心として祀られているもので、それらを模した仏像(彫刻品)や掛け軸の事を言います。

御本尊は、仏具店等でご購入後、菩提寺で開眼法要を行ってから仏壇に安置します。「魂入れ」とも呼ばれているこの法要は、宗派により呼び名が違ってきて「入仏式」や「入魂法要」とも呼ばれます。