お彼岸とはどのようなものなのか

お彼岸とは?

お彼岸の意味とは??

今回はお彼岸の意味やお盆との違いなどを紹介していきます。

お彼岸

三途の川をはさんで、煩悩の激流ないし海の此岸、すなわち我々が住んでいる世界から、修行によってそれを渡り切った向こう岸、つまり仏様の世界を彼岸と言います。

わが国では、3月の春分と9月の秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間で計7日間行われる法会(ほうえ)の事を彼岸会と言います。

この行事は、日本だけに見れるもので、聖徳太子の頃から始まったと言われていますが、平安時代の初期から朝廷で行われていて、江戸時代には年中行事化されていました。

春分と秋分の日は、国立天文台が発行する官報で公表され、翌年の日程が決められる事になっています。

日付を決める時には、国立天文台が作成している歴象年表から天文学的な春分と秋分の日を割り出していると言う事です。

他にも、お彼岸という言葉には、数々の煩悩に打ち勝って、悟りの境地に達する事が出来るように、仏の修行を積む期間という意味もあります。

普段から修行を行っていない人も、このお彼岸の時期になると、西に沈む太陽に祈りを捧げていたと言われております。

彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター:paramita(波羅蜜多)」の漢訳で「到彼岸」を略した言葉だと言われています。

このパーラミターは、成就(じょうじゅ)するや完成するといった意味があり、その意味が転じて、仏の道の様々な修行が達成されるべきだという意味合いになっていったと言われています。

昭和23年に公布された「国民の祝日に関する法律」の第2条では、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」祝日なのだそうです。

お盆とお彼岸の違いとは?

お盆とお彼岸は、どちらもお墓参りをする事は共通しています。

お盆は、8月15日を中心として行われ、ご先祖様の霊を迎え入れる行事と言えます。

そのため、目印になるように自宅に提灯を下げたり、ご先祖様が乗るために、馬と牛に見立てた精霊馬という、キュウリとナスに割り箸を刺したものを飾ったりします。

一方のお彼岸は、彼岸(ご先祖様のいる世界)と此岸(私たちが生きている世界)が近づくとされ、こちらから近くまで行きお招きする行事と言えます。

一般的には中日の前後にお墓参りをしますが、お盆のような決まった儀式はありません。

また、仏道の修行をする期間でもあります。

仏教では、仏道の修行を実践する基本的な6つの修行を「六波羅蜜」といい、これを実践する事で、彼岸に近づくとされています。

以下が、六波羅蜜の教えとなります。

布施(ふせ)波羅蜜:見返りを求めず、他人に惜しみなく善行を施す事

持戒(じかい)波羅蜜:戒律を守り、身を慎み、他人に迷惑をかけず、反省する事

忍辱(にんにく)波羅蜜:身に起こる災いを受け容れ、不平不満を言わず耐えしのぶ事

精進(しょうじん)波羅蜜:誠心誠意努力・精進努力を続ける事

禅定(ぜんじょう)波羅蜜:常に静かな心を持ち、動揺せずに心を安定させる事

智慧(ちえ)波羅蜜:怒りや愚痴、貪りに捉われず、真実を見る智慧を働かせる事

お盆とお彼岸の期間の違いは?

お盆の期間は、以前は旧暦の7月15日を中心にして行われていましたが、現在では新暦の8月15日を中心にして行われる事が多いです。

一般的には、8月13日の夕方に迎え火を焚いて故人の霊を迎えます。

期間中は僧侶を招いて棚経をあげてもらい、お供えものを用意します。

そして、8月16日の夕方に送り火を焚き、故人の霊をお見送ります。

ただし、一般的な例なので、お住まいの地域の風習を確認する必要があります。

一方、お彼岸の期間としては、春分・秋分の日の前後3日間を合わせたそれぞれ7日間をお彼岸と言います。

春分・秋分の日をそれぞれ中日(なかび、ちゅうにち)と呼び、初日を彼岸入り、最終日を彼岸明けと言います。

新着記事

散骨

散骨とは?散骨とは、遺体を火葬して遺骨を砕いて、粉末状態のものを海や山・宇宙などに撒く埋葬方法です。

日本では、「墓地、埋葬に関する法律(墓地埋葬法)」という法律で、市区町村が許可した墓地以外に遺骨は埋葬出来ない決まりになっています。

墓石

墓石に使う材質とは?墓石に使用する石材で、一番よく使われているのが「御影石(みかげいし)」です。

御影石は、日本産のものは極わずかで、ほとんどが外国産です。また御影石は、石の硬さや吸水性等で分類されており、数百種類にもなります。

お地蔵様

お地蔵様とは?お墓にお地蔵様があるのは、ほとんどが水子供養のために建てられたものです。

この水子供養とは、この世に生を受けることができず、流産などでかなわくなくなった胎児の冥福を祈ることを指しています。

墓花

お墓にお花を供えるのはなぜ?お墓に供えるお花の香りというのは、亡くなった人の食べ物と言われたりします。

また、違った説では、お釈迦様が修行をしていた時に、燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様に会ったのですが、仏様の供養に差し出す物がなくて、近くに居た花売りの女性から五茎の...

卒塔婆

卒塔婆とは?故人の供養のために細長い板で、お墓の傍らに立てるものです。

この卒塔婆の起源は、古代インドの「仏舎利塔」を意味するサンスクリット語のストゥーパで、仏陀を祀るために建てられたのが起源とされています。

お墓参りのタブー

お墓参りのタブーとは?お酒やジュースをお墓にかけるのは、絶対にしないで下さい。このお酒やジュースには糖類を含んでおり、虫が寄ってきたりします。

また、墓石には無数の穴があり、ここから成分を吸い込むため、石材が変色したりサビの原因となります。

お墓の墓じまい

お墓の墓じまいとは?墓じまいとは、お墓を撤去して更地にし、お寺や墓地の管理者に敷地を返す事を言います。

ここ最近では、ご家庭の少子化によってお墓を守っていく承継者が途絶えるため、無縁墓が増えてきているようです。