お墓に供えるお花とはどのようなものなのか

お墓に供えるお花とは?

お墓にお花を供えるのはなぜ?

今回はお墓に供えるお花などを紹介していきます。

墓花

お墓に供えるお花の香りというのは、亡くなった人の食べ物と言われたりします。

また、違った説では、お釈迦様が修行をしていた時に、燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様に会ったのですが、仏様の供養に差し出す物がなくて、近くに居た花売りの女性から五茎の青蓮華(しょうれんげ)というお花を買って、お花を供えたのが始まりとも言われています。

四十九日までお墓に供えるお花は?

ユリの花

故人が逝去してから四十九日までの期間は忌中になり、喪に伏している期間となります。

この期間、もしくは四十九日法要の時は、原則白いお花をお供えするのが基本です。

白色のお花でいうと、菊・ユリ・胡蝶蘭が代表的ですが、特に供えるお花の種類は決められていません。

基本的には白とされていますが、地域によっても色使いは変わってきます。

最近では白以外の色で、淡い青・ピンク・紫・クリーム色など、白を基調として淡い色でお供えする地域も増えてきています。

ただ、明るすぎる色は避けたほうが良いです。

四十九日を過ぎれば、明るい色のお花でも問題ありません。

お供えにふさわしいお花とは?

お供えにふさわしい代表的なお花には、菊・トルコキキョウ・ユリ・カーネーション・リンドウなどがあります。

その中でも、よく選ばれるのが菊で、爽やかな香りで邪気を払う効果があるとされています。

お供えするお花の形で、長めの花を一本を中心にして、全体がひし形をしているのが一般的です。

色や長さのバランスを整えて、全体的に明るい色になるようにすると良いです。

また、お花の本数は3本・5本・7本が良いとされ、3本の場合は、白・紫・黄、5本の場合は、白・紫・黄・赤・ピンクが良いとされています。

お供えにふさわしくないお花とは?

お供えするお花に、特に決まりはないですが、ふさわしくないお花はあります。

バラやアザミなど、トゲのあるお花はお供えする時や、お花の片付けをする時に怪我をする恐れがあるので不向きです。

また、毒性の強いお花で、彼岸花やキョウチクトウも不向きです。

そのお花を、手で触れて眼をこすったり、口に触れてしまうと、人体に危険で命に関わることにつながる可能性があります。

ツルが伸びるお花で、アサガオ・クレマチスがありますが、これは花立てにお供えしにくく、ツルが地面を這って伸びてしまうので、避けるようにしてください。

新着記事

散骨

散骨とは?散骨とは、遺体を火葬して遺骨を砕いて、粉末状態のものを海や山・宇宙などに撒く埋葬方法です。

日本では、「墓地、埋葬に関する法律(墓地埋葬法)」という法律で、市区町村が許可した墓地以外に遺骨は埋葬出来ない決まりになっています。

墓石

墓石に使う材質とは?墓石に使用する石材で、一番よく使われているのが「御影石(みかげいし)」です。

御影石は、日本産のものは極わずかで、ほとんどが外国産です。また御影石は、石の硬さや吸水性等で分類されており、数百種類にもなります。

お地蔵様

お地蔵様とは?お墓にお地蔵様があるのは、ほとんどが水子供養のために建てられたものです。

この水子供養とは、この世に生を受けることができず、流産などでかなわくなくなった胎児の冥福を祈ることを指しています。

お彼岸

お彼岸の意味とは?三途の川をはさんで、煩悩の激流ないし海の此岸、すなわち我々が住んでいる世界から、修行によってそれを渡り切った向こう岸、つまり仏様の世界を彼岸と言います。

わが国では、3月の春分と9月の秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間で計7日間行われる法会(ほうえ)の事を彼岸会と言います。

卒塔婆

卒塔婆とは?故人の供養のために細長い板で、お墓の傍らに立てるものです。

この卒塔婆の起源は、古代インドの「仏舎利塔」を意味するサンスクリット語のストゥーパで、仏陀を祀るために建てられたのが起源とされています。

お墓参りのタブー

お墓参りのタブーとは?お酒やジュースをお墓にかけるのは、絶対にしないで下さい。このお酒やジュースには糖類を含んでおり、虫が寄ってきたりします。

また、墓石には無数の穴があり、ここから成分を吸い込むため、石材が変色したりサビの原因となります。

お墓の墓じまい

お墓の墓じまいとは?墓じまいとは、お墓を撤去して更地にし、お寺や墓地の管理者に敷地を返す事を言います。

ここ最近では、ご家庭の少子化によってお墓を守っていく承継者が途絶えるため、無縁墓が増えてきているようです。