お坊さんの呼び方にはどのようなものがあるのか

お坊さんの呼び方とは?

宗派別のお坊さんの呼び方とは?

今回はお坊さんを宗派別による正しい呼び方などを紹介していきます。

お坊さん

法要や法事の際など、お坊さんをどのように呼んだら良いのか分からなかったことはありませんか。

今回は、お坊さんを宗派別による正しい呼び方、またこのような呼び方は避けたほうが良いという呼び方を紹介していきます。

浄土真宗

浄土真宗では、「ご住職さん」と呼ぶ事が一般的です。

ご住職さんという呼び方は、基本的に言えばどのような場面でも使える無難な呼び方です。

ただ、住職という言葉はある1人に対して使う言葉のため、複数のお坊さんおられる時は、注意する必要があります。

住職は別の呼び方で住持(すみもち)とも言い、実際にお寺を持っている人、いわゆるお寺の代表者である僧侶1人の事を指しています。

したがって、お寺の代表であるお坊さん1人の事を指しており、他におられるお坊さんは厳密に言えばご住職さんではないので、注意する必要があります。

そのため、住職さん以外のお坊さんの方々は「副住職さん」という呼称になります。

また、お寺さんと呼ぶ事もあります。

臨済宗

臨済宗では、「和尚(おしょう)」さま、「和尚」さんと呼ぶ事が一般的です。

または、「方丈(ほうじょう)」さま、「方丈」さんと呼ぶ事もあります。

曹洞宗

曹洞宗では、「方丈(ほうじょう)」さま、「方丈」さんと呼ぶ事が一般的です。

禅宗では、質素な生活を好んでおり、住職の居室は「一丈四方」(一辺が約3メートル。いわゆる四畳半)であるべきとして、その部屋に住む人という事で、「方丈」とお呼ばれています。

臨済宗と曹洞宗は禅宗の一派であるため、厳密な違いがないため、「和尚(おしょう)さん」、「方丈さん」、どちらを使っても問題ないです。

天台宗

天台宗では、「和尚(かしょう)」さま、「和尚」さんと呼ぶ事が一般的です。

和尚(おしょう)さんと呼ぶ事もありますが、かしょうのほうが比較的によく使われています。

天台宗では、信仰が深い場合には「かしょう」と呼ぶ事が多いので、注意が必要です。

真言宗

真言宗では、「和尚(わじょう)」さま、「和尚」さんと呼ぶ事が一般的です。

読み方は同じではありますが、和上(わじょう)と表記される事もあります。

また、院家(いんげ)さん、御院家(ごいんげ)さんと呼ぶ事もあります。

日蓮宗

日蓮宗では、「ご上人(しょうにん)」、または「ご聖人(しょうにん)」と呼ぶ事が一般的です。

また、御前様(ごぜんさま)と呼ぶ事もあります。

浄土宗

浄土宗では、「和尚(おしょう)」さま、「和尚」さんと呼ぶ事が一般的です。

また、浄土宗や日蓮宗では、和尚さまが由緒ある寺院の方の場合には、「御前様(ごぜんさま)」と呼ぶ事もあります。

また、浄土宗では方丈さんとは絶対に呼ぶ事はないです。


お坊さんの役職や位を表す呼び方とは?

お坊さんの呼び方には、階級や役職によって呼び方が異なってきます。

階級による呼び方の違いを、以下にご紹介致します。

住職(じゅうしょく)・・・住持職(じゅうじしょく)の略で、一寺に一人なのでお坊さん=住職ではないです。

一般的には、一寺を管理する最高位の僧職をさします。

上人、聖人(しょうにん)・・・学問と人徳を備えたお坊さんをさしており、親鸞・蓮如など有名です。 ※日蓮宗のお坊さんを上人さんと呼ぶ場合もあります。

大師(だいし)・・・高僧に朝廷から与えられた称号の事で、円仁が慈党大師の名を、天台宗の最澄が伝教大師の名を与えられた事が最初だと言われています。他に、弘法大師(空海)が有名です。

その後、各宗派の開祖のほとんどの方が、大師の称号を与えられています。

国師(こくし)・・・高僧に朝廷から与えられた称号の事をさします。

12世紀の末頃、中国の宋より禅宗が伝えられ、同時に禅宗寺院の様式や庭園が日本的に消化され、定着するようになりました。

この時の、中心人物が夢窓国師(むそうこくし)、別名夢窓疎石(むそうそせき)です。

入道(にゅうどう)・・・天皇、又は武士が出家した時や、仏門に入った時に使われる呼び名です。

三蔵(さんぞう)・・・経・律・論にすぐれたお坊さんの呼び名です。西遊記の玄奘三蔵法師(げんじょうさんぞうほうし)が有名が有名です。

菩薩(ぼさつ)・・・悟りを求めて修行するお坊さんなどをさしています。

阿闍梨(あじゃり)・・・お坊さんの修行の師で、弟子の規範となる位の高いお坊さんの事をさします。

阿闍梨は、梵語のアーチャーリヤで、日本語に訳すと軌範師・教授などという意味があります。

老師(ろうし)・・・指導する立場のお坊さんの事をさします。禅宗で使われます。

法主(ほっす)・・・宗派の代表者であるお坊さんの事をさします。

院主(いんじゅ)・・・寺院の代表であるお坊さんの事をさします。

別当(べっとう)・・・大きな寺院に置かれた長官の事をさします。

禅師(ぜんじ)・・・禅の修業を終えた高僧で、雲水の修行を指導するお坊さんの事をさします。一休禅師(一休宗純)が有名です。

雲水(うんすい)・・・諸国を修行して歩くお坊さんの事をさします。

行脚僧(あんぎゃそう)・・・托鉢(たくはつ)を続けながら歩くお坊さんの事をさします。托鉢とは、鉢の中に物を受ける意味です。

庵主(あんじゅ)・・・尼寺の住職の事をさします。

雛僧(ひなそう)・・・出家したばかりのお坊さんの事をさします。

小僧(こぞう)・・・20歳以下のお坊さんの事をさします。

お寺の奥さんの呼び方とは?

お庫裏さん(おくりさん)・・・主に浄土真宗のお寺の奥様の事をさします。居住スペースを庫裏と呼ぶところからきています。

坊守さん(ぼうもりさん)・・・主に住職の奥様の事をさします。。息子さんの奥さんを若坊守さんと呼ぶ事もあります。

堂守さん(どうもりさん)・・・主に真言宗のお寺の奥様の事をさします。

寺庭さん(じていさん)・・・主に禅宗のお寺の奥様の事をさします。

新着記事

法要

法要で一番重視されるのは?初七日・四十九日・百か日・一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・三十三回忌...。

一口に法要と言っても沢山ありますが、この中で最も重要とされているのが四十九日と言われています。

袈裟

袈裟とは?袈裟の成立の年代は定かではないです。およそ、2500余年前(諸説あり、紀元前565年4月8日)に出生されたお釈迦様が、定められたという事は確かです。

真理を悟られたお釈迦様はその後、徐々に仏弟子や一般の人たちに、教えを広めていきます。