戒名とはどのようなものなのか

戒名とは?

戒名は本当に必要か?

今回は戒名について紹介していきます。

戒名

戒名とは、仏の弟子になったという事を表す名前です。

戒名を持ったという事で仏門に入ったということを証明することができ、仏教の戒律を守る証ともされています。

宗派によっては「戒名」でなく「法名」「法号」という呼び方があり、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」という言い方をしています。

戒名は本当に必要か?ということについては、それぞれの考え方・信仰している宗教によって違ってきます。

現在、日本で行われている葬儀のほとんどが仏式のため、通常は戒名がなければ葬儀を行うことが出来ません。

しかし、無宗教での葬儀の場合は、俗世の名前「俗名」で葬儀を行うので、場合によりますが俗名を位牌に名入れすることもあります。

また、キリスト教式の葬儀や神道の神葬祭では戒名というのがありません(神道の限っては、戒名に相当するもので、「諡号(おくりな)」「霊名」があります)。

葬儀を執り行うという事だけであれば、仏式以外の葬儀を行えば戒名は必要ではありません。

その戒名ですが、亡くなって葬儀の際に住職に授けてもらう事が多いですが、本来なら生前に受ける事が望ましいです。

たとえば浄土真宗では帰敬式(おかみそり)、浄土宗では五重相伝(ごじゅうそうでん)を受ける。

各宗派で授戒会(じゅかいえ)あるいは在家得度(ざいけとくど)等によって戒名を授けていただけます。

曹洞宗でも、両本山(永平寺と總持寺)で授戒会を開いており、生前戒名を安名(あんみょう)と言います。

葬式


戒名を授からなかった場合は?

葬儀の後、普通であれば納骨となりますが、戒名が無い場合だと問題が起こります。

菩提寺がある場合・お寺にお墓がある場合・昔からのお付き合いがあるお寺といった場合、「戒名がなければお墓には入れません」といった問題が起こります。

また、戒名があれば納骨が可能かと言えば、必ずしも出来るとは言えません。

戒名料が高いからといって、インターネットなどの格安で生前に戒名を授かったり、自分で戒名を決めたり、戒名に入れてほしい字を申し出ても構わないですが、宗教上ふさわしくない字だった場合、菩提寺がその戒名を受け入れるという保証はないです。

場合によっては、改めて戒名を付け直したり、菩提寺から納骨を拒否される事もあります。

お墓


戒名がどうしても不要な場合は?

戒名は不要と考える方には様々な理由がありますが、そのひとつになぜ高額なお金が必要なのかという意見も考えられます。

その戒名をつけるのにかかる費用として数十万円から100万円程かかるため、後の家族の経済的な負担を考えるといらないと考える方もいるようです。

どうしても戒名が不要だと思われた場合は、公営墓地・宗派不問の民営墓地・永大供養墓又は樹木葬や散骨等があります。

ただこの場合、注意すべき点があり、故人や家族は賛成でも、親戚や菩提寺に先祖代々のお墓がある場合は、その方々たちとのトラブルを避けるため、あらかじめ日頃から相談しておく事が好ましいです。

戒名の構成とは?

この戒名は「院殿号・院号」「道号」「戒名」「位号」の順で構成され、これらは2文字が原則になっています。

院殿号・院号・・・院とは、天皇が譲位したあとに住んでいた御所のことで、その御所をとり〇〇院と呼び始めたのが始まりです。

院殿号は足利尊氏がはじまりと言われ、その足利幕府ができてから、天皇の「院」と区別するのに「殿」という字を加えたのが始まりです。

仏教への信仰心が篤く(あつく)、生前に寺院を建立するなど、社会的に高度の貢献をした人につけられ、戒名としては最上位となります。

道号・戒名・・・道号は2文字の戒名の上につけられるもう一つの名前です。

道号は本来は、中国で使われていた尊称で、仏教の道を極めた人に対する名前となっています。

道号には、俳諧・華道・茶道・書道などにおける呼び名である、雅号・家名・雅号・地名・故人の趣味・性格など、その人に縁のある文字を戒名と組み合わせして使用されるようになりました。

その道号の一字は約束事があり、「白雲」の雲・「岳善」の岳・「秋月」の月・「春山」の山・「法音」の音・「忠道」の道などが決まりとなっています。

また、未成年者や幼児、水子には道号は用いる事はなく、位号として童子(どうじ)・童女(どうにょ)・幼子・幼女・孩児(がいじ)・孩女(がいにょ)・嬰児(えいじ)・嬰女(えいじょ)などとつける決まりがあります。

お墓


お墓


位号のおもなものは?

大居士(だいこじ)(大姉だいし)・居士(大姉)・・・大居士(大姉)は院殿号に、居士(大姉)は院号につけます。

居士・大姉は、成人以上の男女で居士は男性、大姉は女性の戒名になります。

江戸時代には上級武士などに使用されていた戒名で、庶民などが使うことは出来ませんでした。

信仰心が篤く教団・社会・菩提寺に貢献した人につけられます。

居士・大姉を授与された例としては、夏目漱石や歌姫美空ひばりさんなどがいます。

信士(しんじ)・信女(しんにょ)・・・一般の檀信徒で僧侶・菩提寺と親しくて信仰を深めている人につけられます。

信士・信女は最も一般的な戒名で、使われておりランクでいえば、最も低いランクになり江戸時代には下級武士に使用していた戒名だと言われております。

信士・信女を授与された例としては、樋口一葉や浮世絵師の菱川師宣などがいます。

童子・童女・・・数え年で十六歳以下の男女につけられ、上に善の字を加え善童子・善童女と呼ぶ場合もあります。いずれも院号・道号は付けないです。

孩児(孩女)・嬰児(嬰女)・・・歩き始めて2・3歳までの乳幼児につけられ、いずれも院号・道号は付けないです。

水子・・・死産の胎児で、孩児・嬰児・水子には、戒名と位号だけをつける事が多いようです。また、水子には「水子」の文字は使用しないほうがよいとされています。

禅定門(禅定尼)・・・この文字だけを見ていると僧侶・尼僧につけられるように思えるが、これは檀信徒で参禅に精励(せいれい)しており、宗教的境涯(きょうがい)に到達した人につけられます。

新着記事

木魚

木魚とは?1つの丸太から中をくり抜き空洞にして、細長い口を横に開け、表面には龍や魚を彫刻したものを言います。

これを、木魚専用の丸布団の上に置いてバチで叩いて鳴らして、法要などの読経でリズムを整えたり、眠気をさましたりします。

おりん

おりんの種類は?お仏壇のおりんには、おりんを置く布団や台、おりんを鳴らすりん棒をセットで購入するのが一般的です。

たとえば、浄土真宗大谷派なら四角形のおりん台で、浄土真宗本願寺派なら六角形か丸いおりん台を使います。

お供え物

お仏壇のお供えとは?お仏壇のお供え物には、五供(ごくう)と呼ばれる、5種類のものがあります。

この五供とは、香・花・灯燭(とうしょく)・浄水・飲食(おんじき)を指しており、いずれも毎日欠かす事ができない大切な物となっております。

仏花

仏花とは?お供えするお花の呼び方には、沢山の呼び方があります。

仏花・墓花(はかばな)・供花(くげ・きょうか)・献花(けんか)・枕花(まくらばな)などがあります。

お線香

どうしてお仏壇でお線香をあげるのか?お仏壇は家の中のお寺と言われており、ご本尊、仏様を祀るところです。

この仏様へのお供えとして、基本的にお花、灯り、そして香の三つがあります。したがって、三具足と呼ばれる鋳物の仏具は、花立て、灯立て、香炉の三つが基本になります。

焼香

焼香とは?焼香とは、葬儀・告別式・法要などで、亡くなった方を供養するためにお香を焚く儀礼を言います。

仏教発祥のインドでは、気候が高温になり体臭などの悪臭が起こりやすく、また香木を多く生産しており、そのため悪臭を消すのに香料を焚いたり、身体や衣服につけたり古くからの風習で...

掛け軸

掛け軸の語源とは?「掛け軸」の言葉の語源は、「掛けて拝む」という意味が込められており、古来の中国・宋で礼拝用として使用されていました。

日本には飛鳥時代に中国から伝来しましたが、後々礼拝用だけではなく、今日では浮世絵・花鳥画・山水画などに代表される様々な芸術に発展しています。

お仏壇の歴史

お仏壇の歴史とは?日本の仏教は、中国から渡来してきて、天武天皇によって「諸国の家毎に仏舎を作って、仏像と経を置きて礼拝せよ」との詔令があって、各家にお仏壇を置くようになっていった。

日本最古のお仏壇は、「玉虫厨子(たまむしのずし)」と呼ばれるお仏壇で、法隆寺にて保管されていて、現在では国宝とされています。

お仏壇のお手入れ

お仏壇のお手入れとは?「一に掃除、二に勤行(ごんぎょう)」と言われている禅宗では、掃除をする時でも、自分を清らかにするつもりでと教えています。

心の垢や塵や埃などを掃除する気持ちを持って、その掃除に打ち込むものです。

位牌

位牌とは?位牌の起源には諸説あって、儒教・禅宗・日本古来の神道由来説などがあります。

儒教の由来説では、死者の遺体を埋葬後、桑の木等で作られた依代(よりしろ)にその魂を寄りつかせるとされています。その依代を木主(もくしゅ)と呼ばれることもあります。

御本尊

御本尊とは?御本尊とは、信仰の中心として祀られているもので、それらを模した仏像(彫刻品)や掛け軸の事を言います。

御本尊は、仏具店等でご購入後、菩提寺で開眼法要を行ってから仏壇に安置します。「魂入れ」とも呼ばれているこの法要は、宗派により呼び名が違ってきて「入仏式」や「入魂法要」とも呼ばれます。