位牌とはどのようなものなのか

位牌とは?

位牌の起源は?

今回は、位牌の起源や種類などを紹介していきます。

位牌

位牌の起源には諸説あって、儒教・禅宗・日本古来の神道由来説などがあります。

儒教の由来説では、死者の遺体を埋葬後、桑の木等で作られた依代(よりしろ)にその魂を寄りつかせるとされています。

その依代を木主(もくしゅ)と呼ばれることもあります。

この依代(よりしろ)が位牌の原型とされています。

禅宗の由来説では、この依代(よりしろ)と仏教の卒塔婆(そとうば)が合わり位牌となって、禅宗の伝来と共に日本に伝来されたと言われています。

この卒塔婆とは、供養のために使用する細長い板の事です。

日本古来の神道の由来説では、霊代(たましろ)、依代(よりしろ)に起因するというものです。

この位牌は、鎌倉幕府の北条氏の記録を記した北条九代記(ほうじょうくだいき)の歴史書の中にに位牌が登場しており、位牌の普及としては学術的資料の中で、一番古いものとされています。

その後、室町時代の頃から武家を中心にして普及し、広く全国へと普及していったようです。

浄土真宗では位牌をおまつりしないで、位牌の代わりに過去帳に法名や没年月日を記入するのみとなります。

葬儀の時の位牌とは?

葬儀

葬儀の時の位牌は、白木の位牌を使用します。

これは、この白木には手垢がつきやすいということから、一度きりのもの、清浄無垢という意味があるそうです。

葬儀で使用した白木の位牌ですが、一般的には四十九日法要まで祭壇におまつりする、仮の位牌です。

この白木の位牌には、大小2本あることが多くて、大きい方を内位牌(うちいはい)、小さい方を野位牌(のいはい)と言います。

内位牌の方は、本位牌にしてお仏壇におまつりする位牌です。

野位牌の方は、お墓にまつる位牌で、納骨の際に一緒に持っていく場合が多いです。

この白木の位牌は、四十九日法要後に、七本塔婆(しちほんとうば)等と一緒にお墓でお焚き上げをしてもらいます。

七本塔婆とは、故人の初七日(しょなのか)から二七日(ふたなのか)・三七日(みなのか)・四七日(よなのか)・五七日(いつなのか)・六七日(むなのか)・七七日(なななのか)が四十九日(しじゅうくにち)まで、それぞれに故人の戒名や梵字が書かれた板塔婆を、お墓の塔婆立ての所に七本並べて立てます。

また、塔婆自体が扇状になっているタイプもあります。

ただ、浄土真宗では卒塔婆は基本的には使用しません。

これは、亡くなった後すぐに浄土に往生するという「他力念仏・他力本願」の考え方を取っていますので、卒塔婆を立て故人の塔婆供養を行わないとされています。

この四十九日とは、故人様が七日ごとに閻魔大王から生前の行いについて裁かれ、四十九日に来世の行き先が決まる日とも言われおり、この日が、忌明け(忌中の終わり)となります。

最近では、葬儀が終わった後に納骨をしたり、四十九日・一周忌に合わせて納骨する家庭もあります。

本位牌の用意が出来ましたら、住職より本位牌にお魂入れをして頂いて、その後に白木の位牌はお焚き上げをしてもらいます。

位牌はほとんどの場合は、一人につき一つ用意されますが、関東の北部地域と中部地域では、一人の位牌をその人の子供の全員に配る習慣がある地域もあります。

位牌はお寺が用意してくれる場合もあるのですが、専門知識を持っている仏壇店で購入するのが一般的です。

葬儀

三十三回忌でお焚き上げとは?

仏教では、故人は現世との未練を断ち切るために死後三十年間修業し、そののち霊界へ行くと言われており、その三十三回忌をひとつの区切りとします。

そのため個人の位牌については、三十三回忌を過ぎたらお焚き上げをし、先祖代々の位牌に合祀するのが原則となっています。

ただ、死後三十年を過ぎても、正月やお盆にはこの世に帰ってくると言われておりますので、先祖代々の位牌を依代としておく方が良いとされています。

位牌をお仏壇に安置する時は、向かって右に古い位牌、左に新しい位牌を置きます。

親戚の位牌をお仏壇にまつる時は右に置いて、親しくしていた縁者の位牌は左に置きます。

過去帳がある場合には、中段の中央に安置します。

札位牌(本位牌)・・・故人1人につき1つで、表に戒名、裏に命日・俗名・享年を書きます。

繰り出し位牌・・・位牌の札板が複数入ります。先祖が沢山いる場合はこちらのほうが仏壇はスッキリします。

白木の位牌・・・四十九日忌までのもので、お仏壇には金または黒塗りの本位牌をまつります。

位牌の頭はなぜ丸いのか?

位牌の頭が丸いのは、人間の頭(頭蓋骨)を表しているからです。

新着記事

木魚

木魚とは?1つの丸太から中をくり抜き空洞にして、細長い口を横に開け、表面には龍や魚を彫刻したものを言います。

これを、木魚専用の丸布団の上に置いてバチで叩いて鳴らして、法要などの読経でリズムを整えたり、眠気をさましたりします。

おりん

おりんの種類は?お仏壇のおりんには、おりんを置く布団や台、おりんを鳴らすりん棒をセットで購入するのが一般的です。

たとえば、浄土真宗大谷派なら四角形のおりん台で、浄土真宗本願寺派なら六角形か丸いおりん台を使います。

お供え物

お仏壇のお供えとは?お仏壇のお供え物には、五供(ごくう)と呼ばれる、5種類のものがあります。

この五供とは、香・花・灯燭(とうしょく)・浄水・飲食(おんじき)を指しており、いずれも毎日欠かす事ができない大切な物となっております。

仏花

仏花とは?お供えするお花の呼び方には、沢山の呼び方があります。

仏花・墓花(はかばな)・供花(くげ・きょうか)・献花(けんか)・枕花(まくらばな)などがあります。

お線香

どうしてお仏壇でお線香をあげるのか?お仏壇は家の中のお寺と言われており、ご本尊、仏様を祀るところです。

この仏様へのお供えとして、基本的にお花、灯り、そして香の三つがあります。したがって、三具足と呼ばれる鋳物の仏具は、花立て、灯立て、香炉の三つが基本になります。

焼香

焼香とは?焼香とは、葬儀・告別式・法要などで、亡くなった方を供養するためにお香を焚く儀礼を言います。

仏教発祥のインドでは、気候が高温になり体臭などの悪臭が起こりやすく、また香木を多く生産しており、そのため悪臭を消すのに香料を焚いたり、身体や衣服につけたり古くからの風習で...

掛け軸

掛け軸の語源とは?「掛け軸」の言葉の語源は、「掛けて拝む」という意味が込められており、古来の中国・宋で礼拝用として使用されていました。

日本には飛鳥時代に中国から伝来しましたが、後々礼拝用だけではなく、今日では浮世絵・花鳥画・山水画などに代表される様々な芸術に発展しています。

お仏壇の歴史

お仏壇の歴史とは?日本の仏教は、中国から渡来してきて、天武天皇によって「諸国の家毎に仏舎を作って、仏像と経を置きて礼拝せよ」との詔令があって、各家にお仏壇を置くようになっていった。

日本最古のお仏壇は、「玉虫厨子(たまむしのずし)」と呼ばれるお仏壇で、法隆寺にて保管されていて、現在では国宝とされています。

お仏壇のお手入れ

お仏壇のお手入れとは?「一に掃除、二に勤行(ごんぎょう)」と言われている禅宗では、掃除をする時でも、自分を清らかにするつもりでと教えています。

心の垢や塵や埃などを掃除する気持ちを持って、その掃除に打ち込むものです。

戒名

戒名とは?戒名とは、仏の弟子になったという事を表す名前です。

戒名を持ったという事で仏門に入ったということを証明することができ、仏教の戒律を守る証ともされています。宗派によっては「戒名」でなく「法名」「法号」という呼び方があり、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」という言い方...

御本尊

御本尊とは?御本尊とは、信仰の中心として祀られているもので、それらを模した仏像(彫刻品)や掛け軸の事を言います。

御本尊は、仏具店等でご購入後、菩提寺で開眼法要を行ってから仏壇に安置します。「魂入れ」とも呼ばれているこの法要は、宗派により呼び名が違ってきて「入仏式」や「入魂法要」とも呼ばれます。