法要・法事とはどのようなものなのか

法要の起源とは?

法要で一番重視されるのは?

今回は法要・法事について紹介していきます。

御佛前

初七日・四十九日・百か日・一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・三十三回忌...。

一口に法要と言っても沢山ありますが、この中で最も重要とされているのが四十九日と言われています。

故人が亡くなり四十九日間は一般に忌中(きちゅう)とされていますが、仏教ではこの間を中陰(ちゅういん)または中有(ちゅうう)と言います。

この間は、死者の霊はまだ成仏はしていなくて、さまよっているとされています。

中陰のこの間の7日間ごとに、故人の生前の罪に裁きを受けて、生まれ変わる世界が決められるとされています。

初七日は不動明王、七日ごとに釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩・地蔵菩薩・弥勒菩薩で、四十九日には薬師如来が裁きを行います。

ただ、この考え方はインドの原始仏教には無くて、中国の道教にある「十王経(じゅうおうぎょう)」という考え方によるとされています。

十王という十人の神格が死後の初七日から四十九日・百か日・一周忌・三周忌と、順次十王の裁きを受けると言われています。

日本では、故人の追善供養を何度も行うのは、十王に対して嘆願を行い死者の罪を軽減させるためと言われています。

鎌倉時代までは、十王という考えでしたが、江戸時代の頃になると十王を基盤とした十三仏信仰と言う考えが生まれました。

宗派によっては、十王・十三王による裁きという考えを採用しない場合があります。

十三仏と十三王とは?

十三仏

初七日:不動明王(ふどうみょうおう)

二七日:釈迦如来(しゃかにょらい)

三七日:文殊菩薩(もんじゅぼさつ)

四七日:普賢菩薩(ふげんぼさつ)

五七日:地蔵菩薩(じぞうぼさつ)

六七日:弥勒菩薩(みろくぼさつ)

七七日:薬師如来(やくしにょらい)

百ヶ日:観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)

一周忌:勢至菩薩(せいしぼさつ)

三回忌:阿弥陀如来(あみだにょらい)

七回忌:阿しゅく如来(あしゅくにょらい)

十三回忌:大日如来(だいにちにょらい)

三十三回忌:虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)

十三王

初七日:秦広王(しんこうおう)

二七日:初江王(しょこうおう)

三七日:宋帝王(そうたいおう)

四七日:五官王(ごかんおう)

五七日:閻魔王(えんまおう)

六七日:変成王(へんじょうおう)

七七日:泰山王(たいざんおう)

百ヶ日:平等王(びょうどうおう)

一周忌:都市王(としおう)

三回忌:五道転輪王(ごどうてんりんおう)

七回忌:蓮華王(れんげおう)

十三回忌:祇園王(ぎおんおう)

三十三回忌:法界王(ほうかいおう)

新着記事

お坊さん

お坊さんの呼び方は?法要や法事の際など、お坊さんのをどのように呼べばいいのか分からなかったことはありませんか。

お坊さんを宗派別による正しい呼び方、このような呼び方は避けたほうが良いという呼び方を紹介していきます。

袈裟

袈裟とは?袈裟の成立の年代は定かではないです。およそ、2500余年前(諸説あり、紀元前565年4月8日)に出生されたお釈迦様が、定められたという事は確かです。

真理を悟られたお釈迦様はその後、徐々に仏弟子や一般の人たちに、教えを広めていきます。