お墓の墓じまいとはどのようなものなのか

お墓の墓じまいとは?

お墓に墓じまいはどうすればいいのか?

今回は、墓じまいの行い方を紹介していきます。

お墓の墓じまい

ここ最近では、ご家庭の少子化によってお墓を守っていく承継者が途絶えるため、無縁墓が増えてきているようです。

お墓の購入時に、その土地を借りる契約になっており、霊園・お寺に管理料を支払う形となっています。

その、管理料の未払いの状態が続いてしまい、一定期間を超えてしまうと「無縁墓」と扱われてしまい、強制的に撤去されてしまい遺骨は合祀墓に納められる事となります。

この合祀墓に入ってしまうと、「もう一度納骨したい」と思っても永久に出来なくなるので、お墓の放置は絶対に避けなければなりません。

墓じまいと言っても、お墓の中にある遺骨まで処分するわけにはいかず、遺骨をどのように供養するか決める必要があり、墓じまいを行うのには改葬が伴います。

墓じまいを行うまえに、トラブルを避けるために事前に、親族・寺院との話し合いをする事が大事です。

親族・寺院になんの前触れもなく、「墓じまいを行う」と言われては、感情的なしこりが残る事になります。

具体的な行動を起こす前に、親族・寺院には先祖とお墓を大切に思う気持ちを伝え、丁寧に事情を説明しておき、相手の理解を得る事が肝心です。

墓じまいを行う前に、決めておかなければならない事として、墓じまい後の供養先を決めておかなければなりません。

墓じまいした後の遺骨を供養する形は様々です。

無縁墓


永大供養墓(個別)とは?

他人と遺骨を混ぜたくない選択肢の1つで、永大供養付きの一般墓地にお墓を建てる、または納骨堂を購入する形になります。

また、納骨時は個別に納める事になりますが、一定年数(33回忌など)後には、合葬式のお墓に合祀されるのが一般的である。

ただ、他の供養に比べると、年間の維持管理費の費用がかかります。

永大供養墓(合祀)とは?

合祀墓

永大供養付きの合葬墓や共同納骨堂に、他の人の遺骨と併せて埋葬します。

共同スペースの参拝になるので、お墓に維持費がかからない方法です。

樹木葬・散骨とは?

新しい埋葬方法で、現時点では本人の意思で「私の死後は樹木葬又は散骨に」として行われます。

ただ、先祖の遺骨を遺族・子孫が樹木葬又は散骨するには、周囲の理解を得るのは難しかもしれません。

散骨にした場合は、永久に遺骨を手放す事になるので維持費はかかりません。

また、樹木葬は埋葬の種類により変わってきますが、一般的に墓石による埋葬よりお値打ちになるようです。

手元供養とは?

遺骨

遺骨を自宅で管理し供養する方法です。

この場合も維持費がかからないですが、供養者がいなくなった時にどうするのか考えておく必要があります。

墓じまいに必要な手続きとは?

お墓

●受け入れ証明書

新しい墓地(改葬先)の管理者から受け入れ証明書を発行してもう必要があります。

これは、私たち人間が転居する時と同じで、墓地を取得したら管理者から、「この墓地に埋葬ができる」事を証明する「受け入れ証明書」を発行してもらいます。

自治体によっては、墓地の使用許可証や契約書を提示するだけで手続き出来る所もあります。

●永代使用許可証

墓地の管理者と永代使用権の契約が成立になると、永代使用許可書(墓地使用承諾書、使用権利書)が墓地の管理者である寺院や墓地から発行されます。

●埋葬証明書

現在埋葬してある墓地の管理者から、埋葬証明書を発行してもらいます。

●市町村役場から改葬許可書の受け取り

・改葬許可申請書

・受け入れ証明書

・埋葬証明書

上記3通の書類を、墓地のある役場の戸籍担当窓口に提出して、改葬許可書を受け取ります。

なお改葬許可書は、遺骨1体につき1通が必要となり、自治体のよって手数料が異なります。

現在のお墓から遺骨を取り出し更地に戻す。

墓石の撤去工事開始の前に、住職などにお経を挙げてもらい「閉眼法要」を行ってから遺骨を取り出します。

遺骨の取り出す際には石材店にお願いするため、どこの石材店にお願いするかを決めておきます。

改葬とは?

・遺骨が骨壺に納められている時は、そのまま取り出して、移転先の墓地・霊園に運びます。

・遺骨が骨壺から出されており、土の上に埋葬されている時は、古い遺骨の場合は分解されている場合もあるので、その時は周辺の土をすくって骨壺に納めます。

・現在、土葬による埋葬は自治体の条例や墓地の規約により、許可されていないのがほとんどです。

この場合は、そのまま納骨する事が出来ないため、改葬する際は、遺体や土中の遺骨は、一度火葬する必要があります。

改葬許可証の交付を受ける際に、火葬許可証を発行してもらって、火葬した遺骨とし骨壺に納めなければなりません。

前述の閉眼法要ですが、この法要は宗派により呼び方が異なります。

古い墓石に宿った仏の魂を抜いたり入れたりという考え方の宗派では、「閉眼法要(へいげんほうよう)」「御魂抜き(みたまぬき)」「お精抜き(おしょうぬき)」「撥遣(はっけん)」と呼びます。

一方、浄土真宗では、鎮座されていた場所を移るという意味で、「遷仏法要(せんぶつほうよう)」「遷座法要(せんざほうよう)」と呼びます。

改葬先の新しいお墓に、古いお墓から取り出した遺骨を納める際には、「開眼法要(かいがんほうよう)」と「納骨法要」を行います。

また、「御魂入れ」「お精入れ」とも呼び、浄土真宗の場合には「建碑慶讃法要(けんぴきょうさんほうよう)」「墓所建立法要」と呼ばれます。

新着記事

散骨

散骨とは?散骨とは、遺体を火葬して遺骨を砕いて、粉末状態のものを海や山・宇宙などに撒く埋葬方法です。

日本では、「墓地、埋葬に関する法律(墓地埋葬法)」という法律で、市区町村が許可した墓地以外に遺骨は埋葬出来ない決まりになっています。

墓石

墓石に使う材質とは?墓石に使用する石材で、一番よく使われているのが「御影石(みかげいし)」です。

御影石は、日本産のものは極わずかで、ほとんどが外国産です。また御影石は、石の硬さや吸水性等で分類されており、数百種類にもなります。

お地蔵様

お地蔵様とは?お墓にお地蔵様があるのは、ほとんどが水子供養のために建てられたものです。

この水子供養とは、この世に生を受けることができず、流産などでかなわくなくなった胎児の冥福を祈ることを指しています。

墓花

お墓にお花を供えるのはなぜ?お墓に供えるお花の香りというのは、亡くなった人の食べ物と言われたりします。

また、違った説では、お釈迦様が修行をしていた時に、燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様に会ったのですが、仏様の供養に差し出す物がなくて、近くに居た花売りの女性から五茎の...

お彼岸

お彼岸の意味とは?三途の川をはさんで、煩悩の激流ないし海の此岸、すなわち我々が住んでいる世界から、修行によってそれを渡り切った向こう岸、つまり仏様の世界を彼岸と言います。

わが国では、3月の春分と9月の秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間で計7日間行われる法会(ほうえ)の事を彼岸会と言います。

卒塔婆

卒塔婆とは?故人の供養のために細長い板で、お墓の傍らに立てるものです。

この卒塔婆の起源は、古代インドの「仏舎利塔」を意味するサンスクリット語のストゥーパで、仏陀を祀るために建てられたのが起源とされています。

お墓参りのタブー

お墓参りのタブーとは?お酒やジュースをお墓にかけるのは、絶対にしないで下さい。このお酒やジュースには糖類を含んでおり、虫が寄ってきたりします。

また、墓石には無数の穴があり、ここから成分を吸い込むため、石材が変色したりサビの原因となります。