仏花とはどのようなものなのか

仏花とは?

お仏壇に供える花の種類や選び方とは?

今回はお仏壇にお供えする仏花の選び方や種類を紹介していきます。

仏花

お供えするお花の呼び方には、沢山の呼び方があります。

仏花・墓花(はかばな)・供花(くげ・きょうか)・献花(けんか)・枕花(まくらばな)などがあります。

供花(くげ・きょうか)

訃報を受けたら、故人との間柄によって供花を贈ります。

この供花は、お悔やみの気持ちを込めた弔意として、祭壇や葬儀場に供えるお花を言います。

また、「きょうか」は仏教の世界では「くげ」とも呼ばれ、故人のご冥福を祈る気持ちを込めお花を供え、霊を慰めるという意味を持っています。

その昔、お釈迦様がお亡くなられた時に、天から宝花を降らせてお釈迦様を供養したという説があります。

親族や故人の方と親交のあった人が送る最後の送りものと言われています。

献花(けんか)

葬儀場で霊前にお供えするお花を献花と呼びます。

献花の作法として、遺族の方に挨拶をしお花が右に向くように受けとって、両手でお花を捧げた後一礼するのが良いでしょう。

献花の際のお花は、菊・カーネーションなどが一般的ですが、故人が好きだったお花でも良いでしょう。

枕花(まくらばな)

この枕花は、お通夜の際に故人の枕元に飾られるお花を指します。

飾るお花に決まりはないですが、赤など葬儀場にふさわしくない色を避けたほうが良いでしょう。

枕花を贈るタイミングとして、訃報を受けてお通夜が始まる前までに贈ります。

しかし、訃報を受けてすぐにお花を贈ると、失礼にあたるので注意が必要です。

仏花

仏花として、この種類のお花でないと駄目という厳格な決まりごとはありません。

仏花に適している条件として、長持ちするお花というのが、宗派問わず普及しています。

長持ちするお花といえば、ピンポン菊が人気の品種です。

この他では、カーネーションやスプレーマムなども長持ちするお花として広く使われています。

これらは、常に栽培されており1年中市場に常備されており、水はけが良い事もよく用いられる理由です。

色については、49日までは白いお花を飾るのが一般的で、忌明けまで派手な色を避けましょう。

仏花の種類とは?

仏花として適しているお花には、どんなお花があるのでしょうか。

一般的には、菊の花は仏花として知られています。

仏花として、代表的なお花を季節ごとに紹介していきます。

(春) キンセンカ・アイリス

(夏) ケイトウ・りんどう・グラジオラス

(秋) ほおずき・ミソハギ

(通年) 菊・カーネーション・百日草

仏花に適さないお花とは?

仏花に適さないお花として、傷みやすいものや散るのが早いお花は、仏花としてはあまり適していません。

他にも、毒やとげのあるものや強い匂いのお花も良くないと考えられています。

「とげ」は殺生のイメージが強く、お花を飾る際にとげで怪我をしてしまうなど、仏教的に良くないと考えられています。

以下に仏花に適さないお花をご紹介します。

散り易いまたは散るのが早いお花

椿・サザンカ

傷みやすいお花

ユリ・カサブランカ

毒のあるお花

ヒガンバナ・トリカブト・アセビ・シャクナゲ・ジキタリス・キョクチクトウ・テッポウユリ

とげのあるお花

バラ・ワルナビス・アザミ・サンショウ

香りの強いお花

ユリ

仏花のマナーとは?

仏花を飾るお花の本数は、3本・5本・7本と、奇数とされている事が一般的です。

色は、白・赤・黄・紫・ピンクなどを基本として花束にするのが一般的です。

色の組み合わせでは、飾るお花の本数によって変わりますが、3本の場合は、白・黄色・紫の組み合わせで花束を作る事が多いです。

また、49日までは白もしくは淡い色のお花を飾ります。

仏花を長持ちさせるには?

仏花は長持ちする種類を選ぶ事が大事ですが、それでも手入れを怠ると早く枯れてしまいます。

枯れる原因は、切り花の切り口である茎にバクテリアが繁殖し、切り口を塞いでしまい水分の吸収が不可能になります。

水を頻繁に替える

バクテリアの繁殖を抑えるには、効果的な方法が頻繁に水を取り替える事です。

水が綺麗な状態であれば、バクテリアの繁殖が極力抑えられるからです。

茎をカッターで斜めに切る

水分の吸収効率をなるべく下げない方法で、定期的に茎をカッターで斜めに切る事です。

茎をカッターで斜めに切るには、よく切れるカッターナイフを使う事です。

切れ味が悪いカッターやハサミを切ると、茎の切り口の組織が潰れ、水分の吸収が鈍くなります。

水を取り替える際に、茎をカットすると良いです。

水が浸かる所の葉を取る

水に浸かる所の葉を取り除く事で、バクテリアの繁殖を抑えられます。

花立に入れる水の分量を少なくすれば、夏場のボウフラの発生を防ぐ事が出来ます。

延命剤を使う

ホームセンターなどで売られている延命剤を使う方法もあります。

バクテリアの繁殖を防いで、植物に栄養素を補給する事が出来ます。

1週間位は水の交換が不要で、しかも高い殺菌作用がある薬品です。

また、花立てをこまめに洗ったり、食器用洗剤を1滴垂らし殺菌するのも良い方法です。

新着記事

木魚

木魚とは?1つの丸太から中をくり抜き空洞にして、細長い口を横に開け、表面には龍や魚を彫刻したものを言います。

これを、木魚専用の丸布団の上に置いてバチで叩いて鳴らして、法要などの読経でリズムを整えたり、眠気をさましたりします。

おりん

おりんの種類は?お仏壇のおりんには、おりんを置く布団や台、おりんを鳴らすりん棒をセットで購入するのが一般的です。

たとえば、浄土真宗大谷派なら四角形のおりん台で、浄土真宗本願寺派なら六角形か丸いおりん台を使います。

お供え物

お仏壇のお供えとは?お仏壇のお供え物には、五供(ごくう)と呼ばれる、5種類のものがあります。

この五供とは、香・花・灯燭(とうしょく)・浄水・飲食(おんじき)を指しており、いずれも毎日欠かす事ができない大切な物となっております。

お線香

どうしてお仏壇でお線香をあげるのか?お仏壇は家の中のお寺と言われており、ご本尊、仏様を祀るところです。

この仏様へのお供えとして、基本的にお花、灯り、そして香の三つがあります。したがって、三具足と呼ばれる鋳物の仏具は、花立て、灯立て、香炉の三つが基本になります。

焼香

焼香とは?焼香とは、葬儀・告別式・法要などで、亡くなった方を供養するためにお香を焚く儀礼を言います。

仏教発祥のインドでは、気候が高温になり体臭などの悪臭が起こりやすく、また香木を多く生産しており、そのため悪臭を消すのに香料を焚いたり、身体や衣服につけたり古くからの風習で...

掛け軸

掛け軸の語源とは?「掛け軸」の言葉の語源は、「掛けて拝む」という意味が込められており、古来の中国・宋で礼拝用として使用されていました。

日本には飛鳥時代に中国から伝来しましたが、後々礼拝用だけではなく、今日では浮世絵・花鳥画・山水画などに代表される様々な芸術に発展しています。

お仏壇の歴史

お仏壇の歴史とは?日本の仏教は、中国から渡来してきて、天武天皇によって「諸国の家毎に仏舎を作って、仏像と経を置きて礼拝せよ」との詔令があって、各家にお仏壇を置くようになっていった。

日本最古のお仏壇は、「玉虫厨子(たまむしのずし)」と呼ばれるお仏壇で、法隆寺にて保管されていて、現在では国宝とされています。

お仏壇のお手入れ

お仏壇のお手入れとは?「一に掃除、二に勤行(ごんぎょう)」と言われている禅宗では、掃除をする時でも、自分を清らかにするつもりでと教えています。

心の垢や塵や埃などを掃除する気持ちを持って、その掃除に打ち込むものです。

戒名

戒名とは?戒名とは、仏の弟子になったという事を表す名前です。

戒名を持ったという事で仏門に入ったということを証明することができ、仏教の戒律を守る証ともされています。宗派によっては「戒名」でなく「法名」「法号」という呼び方があり、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」という言い方...

位牌

位牌とは?位牌の起源には諸説あって、儒教・禅宗・日本古来の神道由来説などがあります。

儒教の由来説では、死者の遺体を埋葬後、桑の木等で作られた依代(よりしろ)にその魂を寄りつかせるとされています。その依代を木主(もくしゅ)と呼ばれることもあります。

御本尊

御本尊とは?御本尊とは、信仰の中心として祀られているもので、それらを模した仏像(彫刻品)や掛け軸の事を言います。

御本尊は、仏具店等でご購入後、菩提寺で開眼法要を行ってから仏壇に安置します。「魂入れ」とも呼ばれているこの法要は、宗派により呼び名が違ってきて「入仏式」や「入魂法要」とも呼ばれます。